ベトナムライフ

ベトナムでの仕事、初日

 こんばんは、ハノイから投稿しています、高林です。今回は、転職後の初勤務が終わったので、改めて海外就職後の仕事ぶりについて、ざっと共有したいと思います。

ベトナム勤務1日目の仕事内容

会社の建物にあるコワーキングスペース

 通常はホーチミンでの営業活動がメインなのですが、今回、研修も兼ねてということで、最初の1週間は、出張でハノイに来て、こちらで営業活動をします。

 改めて、これからの仕事内容について、ざっと説明します。たまたま、前職のネット通販での広告営業&売上UPのコンサルティングという職歴を活かせる仕事に巡り会うことができました。今は(今日から)ベトナム国内で週刊で発行しているフリーペーパー事業をメインとする会社に勤めているのですが、主に、営業と企画の仕事をおこないます。一つは、フリーペーパーへの広告掲載を、現地のレストランさんやサロンさんに新規で営業をかけていく、営業サイドのお仕事。もう一つが、営業をしていく中で、顧客が抱えている課題をヒアリングし、それを解決できる広告商品や企画アイデアを社内で提示し、形にする仕事。僕は、自らアイデアを企画し、その企画を実際に提案して、仮説実行検証を繰り返しながら、お客さんが現地で継続的にビジネスを成功させられるためのマーケティングの支援がやりたい、それを仕事でやりたいと考えていました。僕は、自分が企画したアイデアや提供した価値によって、お客さんに直接「ありがとう」と言われるときに、もっともやりがいを感じるため、そうした企画兼営業をお客さんと近い距離でするためには、大きな企業よりも小さな小回りの効く企業の方が、やりやすいと考え、大手を辞めてベトナムのベンチャーに入ることに決めました。

ハノイ旧市街の様子

仕事・生活する中での気づき

 今日に関しては、同世代の営業の人の同行を1日行いました。仕事内容や、営業の目標達成までの考え方などは、前職とあまり変わらなかったのですが、やはり大きく異なるのが、今後販売する広告内容が、WEBではなく、紙媒体だということ。紙の場合、ユーザーへのリーチできる上限がWebと異なってきますし、効果測定をデータでするのが難しい、という違いがあります。もちろん、海外ならではのフリーペーパーの強みというのもあって、やはり知らない異国の地で母国の情報誌が街に置いてあれば、それだけで安心できる人もいますし、読み物として楽しめるという、WEBにはない強みもあるとも思います。

 営業同行をして気づいたことですが、やはりこうしてベトナムの店をタクシーで1件1件回るだけでも、相当現地の土地勘や文化に自然と多く触れることができるので、どんどんそうした部分を吸収して、1年後にはホーチミンのスペシャリストになりたいなと、改めて思いました。

 また、もう一つ面白いことに、タクシーがGRABなどの配車アプリが主流なので、それに伴って気づいたのが、下記の内容です。

 やはり大きな企業になると小回りが効かなくなるなあと感じたのと同時に、日本であたりまえだと思っていることが、こちらでは全く違ったりするので、毎日発見と気づきがたくさんあって面白いのですが、やはりキャッシュレスはこちらのほうが進んでいるな、と実感しますね。

今後の抱負

 今、海外で働いていることが、前までは夢だったのですが、こちら側に来てみると、すでに自分よりも早くこっちのフィールドで戦い始め、成果を出している人なんて、ごまんといることにも気づきました。自分は、今のタイミングで大手を辞めて本当によかったと思っているのですが、やはり何事も遅すぎるということはないので、愚直に自分が磨きたいスキルを、こちらで高めていきたいと思います。生活習慣もだいぶ変わってきたので、安定して慣れてきたら、より磨きをかけて、運動習慣なども取り入れていこうと思います!(でないと、このままだと太りそうなので・・)

関連記事

  1. 人生観

    サービスとして、夢を語る

    自分が幸せになりたい、自分が成功したい、という欲求だけでは、人は成功…

  2. ベトナムライフ

    実写版の映画アラジン(Aladdin)を見ました。最高でした。

    5月24日に全米公開された映画アラジンを、ベトナムで見ました。ネタバ…

  3. ベトナムライフ

    ベトナム最後の秘境・コンダオ島のリゾートに行って来ました。見所をご紹介します。

     おはようございます!今回、旧正月のテト休暇を利用し、4泊5日でホー…

  4. ベトナムライフ

    ベトナムで生活を初めて、2ヶ月が経ちました。

    表題の通りですが、ベトナムで生活を初めて、2ヶ月が経ちました。…

  5. 人生観

    戦略的なキャリア形成

    NEWSPICKSに書いてあった、戦略的なキャリア形成に関する記事が…

  6. ベトナムライフ

    ベトナムのWIFI事情

    ベトナム国内では、日本と違って、いたるところにWIFIがあります。…

海外で使える英語を学びたい人へ

カテゴリー

特集記事

Twitter

Amazon.com

  1. ベトナムライフ

    海外転職してから半年がたった今、思うこと
  2. 人生観

    新卒で入社した大手企業を辞めて、海外転職できた理由
  3. ベトナムライフ

    ベトナムでおすすめのお金の両替所
  4. ベトナムライフ

    実写版の映画アラジン(Aladdin)を見ました。最高でした。
  5. ベトナムライフ

    ベトナムってどんな国?社会主義国ベトナムの歴史と背景
PAGE TOP