人生観

竹花MUPカレッジで学んだことのアウトプット

竹花さんのYoutubeで見た「学び方を学ぶ」という動画を見たので、忘れないようにブログに書きとめておきたいと思います。

学ぶならマーケティング

事業計画、商品企画、営業、広告など、すべてのプロセスを総称して、マーケティングと言います。世の中の全ての商品やサービスは、このマーケティング戦略が関わっているので、まず自分が何か学びたいのであれば、ビジネスの世界で価値がある人間になるために、マーケティングスキルを学ぶことが重要だと言っていました。僕も引き続き、マーケティングを学ぼうと思います。(データ分析も興味があります)

学んだらすぐ、アウトプットをする

アウトプット大全でも書いてありましたが、ブログに書く、人に話す、仕事で使うというふうに、インプットしたことをアウトプットをすることで、インプットが最大化されます。人間が学んだことは、74%は翌日には忘れてしまっているという研究があります。これは人間の構造的にどうしようもないのですが、これを防ぐ唯一の方法が、復習をすることだそうです。つまり、学んだらすぐに復習のためにアウトプットをする。これが最も効率的に学ぶことができる方法だそうです。

学ぶことで、短期的な幸せを手に入れられる

スキルを身につければ、時間を効率化して、本来8時間かかる仕事を4時間で終えることができるようになったりします。空いた時間で、自分の好きなことができるようになります。Googleスプレッドシートの関数を本気で丸2時間学ぶ。時間がない人ほど、スキルがないというのが竹花さんの意見でした。そのとおりだなと思いました。

社会人の学びとは、すぐに使えることを見つけに行くこと

今すぐに使えることを学ぶことが、社会人の学び方だそうです。すぐに使えることは、すぐに使えなくなるという教えもありますが、今の世の中、新しいスキルがどんどん出てきては消えていってるため、何が中長期に有効なスキル7日と考えて立ち止まるよりも、小さくても早く常に学び続ける姿勢が大事ということでした。僕は結構どのスキルを学ぶべきかなど慎重に考えてしまうタイプなので、大テーマの「マーケティング」という部分を決めた以上は、一つ一つのスキルに対して「これは将来役に立つのか」などと考えずに、学んで仕事で使うということを繰り返していけたらと思いました。そしてそれは、学校のように誰かが与えてくれるものではありません。だからこそ、自分で学ぶものを見つけに行くことが社会人には重要だとおっしゃっていました。

最後に、時間管理について

時間管理のコツは、その予定を「行動」ベースでおさえること。たとえば、朝7時から8時までジムでランニングすると決めたら、その時間はジムでランニングをする。その計画表通りに実行する。週に2回人に会うと決めたら先に人に会う時間だけを決めておいて、その時間に会う人をあとから決める、というやり方だそうです。

まずは自分の計画表で決めたスケジュールどおりに「動く」ことが時間管理においてとても大事だと改めて実感しました。

 

 

関連記事

  1. 人生観

    専門性を身につけ、社会に影響力を与えられる人になる

     新年明けましておめでとうございます。1月5日からベトナムに移住する…

  2. 人生観

    感動とワクワクの基準は、人によって異なる

    最近、自分の中での絶対的な基準というものが、未来に対してワクワクする…

  3. ベトナムライフ

    実写版の映画アラジン(Aladdin)を見ました。最高でした。

    5月24日に全米公開された映画アラジンを、ベトナムで見ました。ネタバ…

  4. ベトナムライフ

    マーケティングと出会って8年。今もこの仕事が好きだと、本気で思うその理由について。

    現在、夜中の1時48分。平日にもかからず、明日からは普通に仕事があり…

  5. 人生観

    戦略的なキャリア形成

    NEWSPICKSに書いてあった、戦略的なキャリア形成に関する記事が…

  6. 人生観

    日本人に生まれ、生きることがだけがゴールなら、僕たちはもう何もやらなくていい

    今の時代、生きることだけがゴールだったらあまりにももったいない…

海外で使える英語を学びたい人へ

カテゴリー

特集記事

Twitter

Amazon.com

  1. 人生観

    竹花MUPカレッジで学んだことのアウトプット
  2. 人生観

    熱狂するとは
  3. ベトナムライフ

    マーケティングと出会って8年。今もこの仕事が好きだと、本気で思うその理由について…
  4. ベトナムライフ

    ベトナムでおすすめのお金の両替所
  5. 人生観

    小さな成功体験を重ねて、自信をつける
PAGE TOP